読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポンコツ神様のひとり言

ポンコツですが神様です。あなたもわたしも

どうにもこうにも

ままならぬこともある 自由に生きるとき 生活費はどうするか?とか 住む場所はどうすんだ?とか な

100数えたら目を開けて

もういいかーい? まーだだよ〜 もういいかーい? もーいいーよ〜 もうさ いいよ 自分の好きに生きて 誰かの為に 誰かのせいにして 誰かを待って 生きるの 辞めな 決めなよ 自分のために 生きていく って もーいいーよ〜

もういいかい?もういいよぉ♪

頑張れば いつか 報われるのだと思ってた 頑張ってさえいれば いつか ご褒美がやってくるのだと思ってた いつか って いつかな? まだかな?

わたしの使命は何でしょな

使命ってな 命を使うってことな わたしの使命なんだろうって 思うことあるけど 今 まさに 命 使ってるよな 生きることに 全力で 命 使ってるよな あとは楽しむだけだって

逃亡中

嫌なことを辞める勇気がないことと やりたいのに続ける根性がないって 実は一緒 どっちも 逃げ

いやいやいや、嫌いじゃないって言ったやん!

この仕事嫌いじゃないんだけどね〜 って言うとき 実は必死で探している 好きだったはずのポイントを 嫌いじゃないって 好きとは 違うもんね お前のこと嫌いじゃないよ でも付き合えない ってことじゃんねぇ 嫌いじゃないって ほんとは好きじゃないって こと…

そのモノサシは誰のもの

自分の ハートの声に 正直になると とてもじゃないが 受け入れがたい ことだって出てくるさ ハートに 常識や 社会や 大人や 性別や 人の目っていう 外側の物差しは 存在しない それは わたしの ハートだから

蟹座のご飯

たとえば蟹座って、やっぱり甲羅がある人たちなんですね。いわゆる普段の生活のなかで「人に失礼にあたらないようにしよう」とか、とにかく背水の陣でミッションを突破していく力とか、そういう身体に「グッ」と力を込めて「何がなんでも達成していく」とい…

あーあ

嫌なこと 我慢すると お腹 壊しますよ

クスッとホロっとホッとして

わたしのブログで 誰かが クスッとしたり 誰かの 涙を拭えたり 誰かの ホッとになれたら めっちゃいいなぁ わたしがそうなるために書いてるだけやけどな

ドキドキワサワサを楽しむ

新しいことを始めるときの 心許なさは 店員に勧められた 普段は着ないタイプの服を 思い切って着て出掛けるときの ドキドキとワサワサに似ている ようは やってみたらそうでもない 着てみたら超イけてる(自己満 そんな感じ ってことやで〜

朝から元気が欲しいときのエール

ポンコツだから 頑張ってるんです ポンコツだから 一生懸命なんです ポンコツだから いろんな助けが必要なんですよ ポンコツで よかったじゃん ようやってるよ えらい!

圧勝でなす術なし

好きになっちゃいけない理由は山ほどあって なのに 好きになった理由は 好きだから 圧倒的パワーで 好きの勝ち 根拠なんてないから タチが悪い 根拠なんてないから 手強い

ワンパターン毎度同じアカンパターン

いつもこのパターン 好きになって 興味持って ガンガン行って いい感じなって なんか重くなって 束縛して 嫉妬して 気付いたら振られて 落ち込んで 恨んで 5年ぐらい 片思い 酔っ払えば電話して 寂しくてメールして 後悔して自滅して もうやらないって誓って…

ああ恥ずかしく

思い切って伝える 悲しかったよ〜 辛かったよ〜 寂しかったよ〜 とても 一緒にいたかったよ〜 ただ 一緒に笑ってたかったよ〜 辛かった 悲しかった 寂しかった すんごい かっこ悪くて 恥ずかしくて 大人気なくて 真っ裸 恥ずかしいいいいいいい

毎瞬毎瞬が究極の選択 ファイナルアンサーの繰り返し

何もない場所へ踏み出すのが怖くて 居心地の悪い場所に居続ける 何の確証もない空へ飛び出すのが怖くて 不満を漏らしながら現状にしがみつく 不幸じゃないことを喜ぶのか 幸せ過ぎて笑いが止まらない世界を選ぶのか いつだって 選択肢は 今 ここ

根性論ではないですが

ものすごく勇気がいるし とてもとてもとてもとても 辛くて寂しいことだけど わたしは もう きみを 必要としないよ いつか気付いてもらえるまで 手を振り続けていたけれど もう 向きを変えて きみのいない方向へ 進んで行くよ 振り向かない きみがそうしたよ…

きみが本気で好きになることはないんだよな

今日あの子と飲んで きみの話が出たのです なんかとても悲しくなったので 当分顔も見たくありません そんなに多くは望んでないと思うのだけど 正直わたしは重いですよ ええ、ご存知の通り めっちゃ悲しい気持ちだ オロロン 悲しいのがわたしだけなのが また…

無駄だとわかっててもね

悲しいぐらい 人って 不毛な 恋愛を するもんです 悲しいぐらい そんな どうしようもない 自分が いるんです

人が信じれないとか信用できないとか言う前に

違和感を 無視するって 自分を 無視するってことだからなっ! 自分を 信用してないってことだからなっ!

どんだけ凹んで、誰に何を言われても

自分が どれだけ ポンコツ でも 今 ここ で 一生懸命 生きてる ことは 褒めようよ

巡り巡ってるんでしょうよ

やっちまったことはしょうがねぇ 言っちまったもんはしょうがねぇ 覆水盆に返らず 溢れた水は溢れたまま 地球に返るわ どこかで別の芽も出ましょうよ エコですよ エコ

ふて寝っていうのがあってよかった

どうしようもない ときは どうしようもない 諦めよう そういうときこそ 寝たふり

いちげんさんお断り

無視されるのにはもう慣れた 返事がないのにももう慣れた だがな!!!!! 慣れたからって 悲しくないわけでも 寂しくないわけでも 傷つかないわけでも ないんだからな!!!!! わたしを 舐めんな!!!! 慣れたって 何度でも 傷つくわい!!! あほーー…

そのオーダー通ってますよ

イケてない自分に いちいち落ち込んでんじゃないよ! 何事もパーフェクトにこなせたら 世の中面白くもないだろ? 右も左も上も下も 順番通りに移動してたんじゃ 迷路もゲームも楽しめないわ! 凹んでぶち当たって転んで立ち上がって この世のアトラクション…

製品へのクレームはどちらまで

あ"〜〜寂しい なんで 人って 好きになってくれない人を 好きになる機能 付いてるんだよっ!

いつくるのそれ?ほんとにくるのそれ?

いつかくる ご褒美タイム 待ってるうちに 死ぬよ 今 ここで ご褒美タイム といきましょうよ

わたしだけが特別とか思ってないか

大丈夫 死ぬときゃ みんな ひとりだから

文句があるなら言ってもらおう、ま、聞かないけどね

過去と他人は変えられない が 過去と他人の捉え方は いつだって わたし次第 壮絶な過去だって 極悪な他人だって ただの脇役 わたしの捉え方ひとつ なんたって わたしの人生の主役は 他の誰でもなく 今 現在 の わたし だけ 何か?

バーチャルとはこういうことだ

細かくイメージするのですよ 誰と どんな顔で どんな服で どんな部屋で どんな場所で どんな風景で どんな風で どんな温度で どんな香りで どんな色で どんな音がしてて どんなものを食べていて どんな話をしてて どんな表情で どんな気持ちで わたしがいる…

まずは自分でできることを自分にやってみるっていうのもアリ

うわぁ〜わたし孤独(T ^ T) って思う時 素敵な彼に こんな風になぐさめてもらって おもろい友人に こんな風に励ましてもらって 優しい仲間に こんな風に構ってもらって ってこと全部全部 想像したら やってみる まずは自分にやってみる まずは自分でやってみ…

不惑の40代とかいうらしいが

自己受容ができて ようやく 自己実現できるようになるのって 50才ぐらいから らしいよ(・∀・) マジ? まだまだ自己受容やってていいよ まだまだ 自分にないもの数えて 自分にあるものに気付く ってことやってていいよ

自分を好きになる為に自分を見る必要なんてないときもある

自分を好きになれなくてもいい こんなヘボい自分なんか見たくもない それでも全然構わない そんな自分でさえ 好きだと言ってくれる その人のことを好きでいよう それは 大嫌いな自分もひっくるめて 好きってことになるから そんな自分すら好きなその人を好き…

じゃんじゃかじゃーんって言ってみる

じゃんじゃかじゃーん 何か起こるたび落ち込むなら じゃんじゃかじゃーん うおー 出たー じけーん って マイドラマ 彩ってみよっか どれもこれも マイドラマ 脚本 演出 監督 オレ(笑) そして 主演 オレ(笑) やりたい放題 じゃんじゃかじゃーん だよ

出来ない出来ないと悩むより

自分に出来ないことを 出来ない と認めることは とても勇気がいるんだけど 結局 出来ないものは出来ないんだ と手放せたら パワーは出来る方へ行く んだと思う たぶん

愛と感謝が違うように感謝は義務とは違うから

親孝行は諦めた いわゆる「親孝行」と言われることは もうできない できないことに罪悪感を持つのは辞めた 出来の悪い大人だから こう言うことも言うけども 産んでくれと頼んだのかもしれないが 産んでくれたのは事実 育ててくれたのも事実 感謝と義務は違う…

満たされ方がわからないならだけど

誰も褒めてくれない時ほど自分を褒める 誰かが褒めてくれたらさらに褒める 誰も抱きしめてくれない時ほど自分を抱きしめる 誰かに抱きしめられたらさらに強く抱きしめる 自分を責め続けてきたなら尚更 自分を独りにして来たなら尚更 褒め続けて 抱きしめて …

大丈夫が大丈夫じゃなくても大丈夫だって

どんな自分でも大丈夫 そう思えなくても大丈夫 そう思えない時ほど大丈夫 よくやってる マジで 神? この世界を 生きてる マジで 神!

ブロックがあるとしたらだけど

ブロックが何か ブロックがあるのか そんなことに悩むより もし今少しでも今の自分に窮屈を感じてるなら ブロックがあるのかもしれない ブロックがあるようです 今までブロックに守られてきたのかもしれない でももう窮屈で心が張り裂けそうみたい 小さなTシ…

カラダが言うには

ほんとは食べなくても生きていける ただ味わいたいだけなのだ 味わうことを選択してるだけなのだ カラダに聞いてみればいい 食べるのはカラダのためでも生きるためでもない 味わいたいから この世界のカラフルを味わいたいから 生きるために食べなくてもいい…

何よりも何よりも大切にしなきゃいけないのはわたし自身

大切なあの人に接するような温かい心で 大事な宝物を扱うような優しさで 心待ちにする予定を入れるようなワクワクで わたし自身を見てみよう わたしが一番大切なの わたしが一番の宝物なの わたしが一番ワクワクしたいの そう わたしがいなきゃ 世界は終わる…

肯定するとか評価するとかそんなことよりも先に

自己受容 自己肯定 自己評価 わたし朝弱いんだよね〜 「そっか〜」=自己受容 わたし朝弱いんだよね〜 「まあいっか〜」=自己肯定 (あの人よりは)朝の弱いわたし (あの人よりは)朝の強いわたし =自己評価 評価するのは比較対象があるから 自己評価はしなくて…

感謝だ愛だと言うけどさ

ありがとう は何回言ってもいいらしい ありがとう は何回言われても嬉しい 愛してる はそんな簡単に言えんらしい 愛してる を全力で言って欲しい ありがとう 愛してる 出逢えたから言えること 生きてるから言えたこと 感謝だな 愛だ

何にもいらない何にもいらない

何にもなくていい 何にもできなくていい 何にも持ってなくていい ただそこにいなさい ただそこで笑ってなさい ただそれだけで いいんだから ただそれだけで いいんだよ そこにいなさい

手放し手離し

自分の本音 聞こえて来ないんじゃない 耳塞いんでのよ 塞いでるもん放しなさいな その両手 放しなさいな

自分の本音を知ることが先決

自分の本音を知ることが先決 誰かの何かを気にするのは そのずーっと ずーっと ずーっと ずーっと 後でいい

誰にも誘われないのか誰かを誘いたいのかよく考えてみる

誰にも誘われなーーーーい って落ち込むの特技 ん? 誘われたとして、 何話すん? 会社の愚痴? 誰かの悪口? 老後の不安? 貯金の額? うげーーー わたし ただ 外食したかっただけだわ ただ 飲みたかっただけだわ 誰と一緒かなんて関係なかった いちいち落…

ずっとずっとひとりだったら良かったと思う

本当にひとりで 本当に孤独なら きっと 寂しさは感じない たぶん 孤独だなんて思わない ひとりじゃないこと 孤独じゃないことを 知っているから 寂しい、だなんて思うんだ 孤独だ、なんて言えるんだ 知っているから 知ったから

寂しいだけが取り柄

寂しいですか 寂しいですよね 自分だけが はみ出ているようで 自分だけが 取り残されているようで 何かが ずっと 喉に引っかかっているようで 寂しいですよね 寂しいです

誰かわたしと繋がっていてください

いつも 誰かと 繋がっていたい 本当に それだけなのだ 体だろうが 心だろうが 善意だろうが 悪意だろうが なんだっていい いつ何時も 四六時中 いつも 誰かと 繋がっていたい そんな時代に 生きてしまっているだけなのだ 繋がればいい 求めればいい 強く望め…