読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポンコツ神様のひとり言

ポンコツですが神様です。あなたもわたしも

もう

 

人生に

負けてみようと思う

 

いい高校に行って

いい大学に行って

上場企業に入って

安定した職業について

安定した給料を貰って

地道にコツコツと

毎日定時に出社して

無遅刻無欠勤

上司には従い

後輩には慕われ

結果を残して

仕事は丁寧に

いつも笑顔で

気の利く

素直な

 

誰かが決めた「素晴らしい」人生

 

 

信じて

信じて

信じて

信じて

ただ

信じて

生きてきた

 

そこから外れることは

負けること

落ちこぼれること

残念だ と言われること

 

夜眠れなくなった

朝が起きれなくなった

定時に出社できなくなった

休みがちになった

連日遅刻 連日欠勤

仕事は滞るようになった

周りに迷惑をかけ続け

上司には疎まれ

後輩にどんどん追い抜かれた

頼れる友人は社内になく

どんどん追い詰められた

 

負けたくない

 

と思った

 

落ちこぼれたくない

 

と戦った

 

 

 

 

 

 

戦ったのは

もう限界だった自分

弱り切った自分

もう立ち上がりたくないとうずくまって動かない自分

 

 

こんなわたしと

一体

誰が

戦うと言うの

 

 

負けたくないのは

何に

 

何から

落ちこぼれるの

 

 

誰かが決めた「素晴らしい」人生

信じて疑わなかった「素晴らしい」大人

 

 

わたしがこぼれ落ちた

わたしの両手から

空っぽで

息すらできない

こんな世界に

 

わたしの「素晴らしい」はあるのだろうか

 

 

もう負けよう

もう落ちこぼれよう

 

誰かの決めた「素晴らしい」世界に

血だらけでしがみつくより

 

わたしが決める「わたしの世界」に

ゼロから立とう

 

怖かったのは

誰かに負けることより

何かに落ちこぼれることより

 

ゼロになること

 

自分の気持ちがわからないこと

感じないように心を凍らせていたことに

気付いてしまったこと

笑えない自分

 

 

もう負けよう

もう落ちこぼれよう

 

誰かのつくった「誰かの世界」で

本当「わたし」よくやった

 

よくやったね

よくやった

 

本当にお疲れ様