ポンコツ神様のひとり言

ポンコツですが神様です。あなたもわたしも

藁だって何だって掴めばいい。ただ両目は開けてろ!

【そんなこともあった】

いつだっけか、某セミナーで知り合った某ヒーラーさんに36万のセッション受けた。安くはないよ。むしろ、過去最高額。。。その時は変わりたくて、変えて欲しくて、藁を掴んだのかな。一カ月のセッションを完遂できなくて、途中リタイア。我ながらアホかと思う。そのヒーラーさんにも問題は山積みだったように思う、たぶん、電話セッションで一方的に話して泣いていたから。。。誰のセッションじゃい、いや、まあ、それはいい。2週間ほどやり取りしたら、変わる気なさそうなのでセッション中断しましょうねって言われた。うん、まあ、ちょっとしたお手上げだよね。言われた通り、自分に向き合い続けて感情やら気持ちやら吐き出したら、お手上げされた、と思った。落ち込んだ〜 ふざけんな〜 って思った。もったいないし、腹立つし、悔しいし、だけど、全然連絡する気になれなかった。違和感が、もったいなさを上回ってた。

それからは、おかげさまで、どのセミナーにも行く気が失せた。セッションを安易に選ばなくなった気がする。お金を大事にするようになった。貯金も無くなったしな(笑)

スピリチュアルは好きだ。セミナーもセッションも行きたいものは行くし、受けたいものは受ける。会いたい人には会いに行く。
でも、両目瞑って藁を掴むのはもう辞めた。どんだけカッコ悪い自分だってOKだし、どんだけ救われたくて必死な自分だって不当な扱いには抵抗していい。

あの時の経験は、この先も悔やむしもったいなかったし、できればお金戻ってきて欲しいけど(苦笑)
ヒーラー自身が癒されてないこともあるんだなっていういい勉強になった。

必要ならどんなセミナーだってどんなセッションだって受ければいいと思う。そんな時期だってあるんだ。でも、たった一つ、そのセッションでもセミナーでも、受けてるわたしは心地よくなった?元気出た?気分は良い?希望は見える?もし少しでも軽くなってないなら、それはきっと必要じゃない。もし少しでも違和感があるのなら、それは自分のセンサーを信じた方がいい。正解なんて結局のところ、ないんだからな。